2015年05月16日

みやぎ・ふくしま 復興たより vol.42

プロジェクトのバナー.jpgおはようございます。ゴールデン・ウィークもおわり、梅雨の季節に入ります。横浜はあいにくの雨ですが、みなさま、いかがお過ごしですか。いつも『みやぎ・ふくしま 復興たより』を読んで下さいましてありがとうございます。
皆さまへ、嬉しいご報告があります.世界的なピアニストであるアンドラーシュ・シフさんが昨年の3月にサントリーホールで行った『東北に捧げるコンサート』を基金に、奥さまでヴァイオリンニストの塩川悠子さんとご夫妻で立ち上げられた【被災地に音楽を届けるプロジェクト】をNPO法人あっちこっちが引き受けることになりました。私たちの活動報告ブログを読まれたクラシック音楽マネジメント事務所KAJIMOTOの社長の声がけで、ご夫妻が被災地に音楽を届けるカフェ・コンサートを応援してくださいます。
今年に入り、被災地からのリクエストが増える中、本当にありがたいお申し出で、ご夫妻の「いつも思いを馳せ、その心を音楽に託します。」というメッセージを代理の方から聞いた参加者の方々は、本当に喜んでいらっしゃました。ヴィオリンのミニワークショップ.jpg
演奏を担当してくださったのは、被災地ではもうお馴染みであるヴァイオリニストの長尾春花さんと作曲家でピアニストの小鹿紡さん。「また来てくれたね〜」と皆さん、嬉しそうにしています。
ヴァイオリン演奏体験.jpg
素晴らしい演奏の合間に、お二人のお話や、ヴァイオリンのミニ・ワークショップとして分数ヴァイオリンの説明・演奏体験など、笑顔がたえない時間になりました。シフご夫妻から参加型のコンサートであって欲しいというリクエストから、皆が知っている日本の曲「おぼろ月夜」や「花」をヴァイオリンがメロディを弾き、ピアノが和音で伴奏、全員で合唱をした際は特に喜んで歌っていらっしゃいました。
合唱コーナー<img src="http://blog.sakura.ne.jp/images_e/e/F0EE.gif" alt="八分音符" width="15" height="15" border="0" />.jpg参加の方がたは、反応がストレート八分音符音楽を聴きながら体をリズムにあわせて動かしたり、超絶技巧の部分になると演奏の間でも思わず拍手八分音符演奏の後は「素晴らしい!」「すごいなー」と口に出してくれます。皆さん心からの笑顔で楽しんでおり、純粋に音楽を楽しんでいる姿は、こちらも元気を貰えます。演奏家とお客さんの間に「対話」と「笑顔」があふれる第1回のプロジェクトになりました。
集合写真.jpg
【プロジェクトへご協力くださった沢山の皆さま、ありがとうございました!!】
♪ご出演の長尾春花さん、小鹿紡さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。
♪『被災地にお菓子を届ける会』に参加してくださったボランティアの皆さん
♪楽器の提供を活動当初から支援して下さっているローランドさま。
♪沢山のチラシ・ポスター印刷の担当をしてくださっている荒木工業鰍フ荒木郁雄さん、さらに可愛い手作りのお菓子まで提供してくださる新山貴子さん。
♪PAの提供をしてくださっている林田正義さん
♪素敵なデザインのチラシをつくってくださる美術家の日比野絵美さん。
♪私どもNPO法人あっちこっちをいつも応援してくださる横浜のファイバーリサイクルネットワークさま。
♪いわきでのスタッフとしてカフェを手伝って下さる大塚知美さん、
♪長時間の運転、写真撮影、カフェ運営を担当する夫、厚地秀洋
八分音符最後に、このプロジェクト遂行に多大なご協力をくださっているKAJIMOTOの皆さま。
沢山の方に支えられてこのカフェ・コンサートを届ける事ができています八分音符いつもありがとうございます!!
そして応援してくださっている皆様へ心から感謝申し上げます!いつもレポートを読んでくださって、本当にありがとうございます。
5月は今日からいわきに行きます。今回は役場からのリクエストで回数が増え、参加対象の仮設住宅の規模も合計400世帯と増えました。どんな出会いになるか楽しみ(*^_^*)、またご報告いたします八分音符
あっちこっちlogo_jp.gif
NPO法人あっちこっち 厚地美香子
http://www.acchicocchi.com/
yufumini.jpg  
NPO法人 游風
は、みやぎ・ふくしま復興”あっちこっちカフェコンサート”を応援しています。



posted by ACCHICOCCHI at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記